首都大学東京社会人類学研究室
研究 教育 大学院入試 社会人類学年報
  • Japanese
  • English

2015年12月15日:社会人類学年報41号を刊行しました

2015年12月15日

2015年12月15日、東京都立大学・首都大学東京社会人類学会編『社会人類学年報』41号を刊行しました。
 
社会人類学年報41号目次
 
奥野克巳
飢え、食べ、排泄する――狩猟採集民の食行動をめぐる民族誌
 
松村圭一郎
国家と市場の人類学に向けて――経済人類学を再政治化するための試論
 
小川さやか
トランスナショナルなインフォーマル交易における道義的合法性をめぐって
 
荒木 亮
オブジェクトとしてのジルバッブ――「イスラーム復興現象」再考に向けた一試論
 
デイル・F・アイケルマン(赤堀雅幸訳)
[人と学問] 大塚和夫の人と学問
 
玉井 隆
[研究動向]グローバル・ヘルス時代におけるアフリカの生物医療と医療人類学――国家保険医療システムの「不在」の状況に着目して
 
吉村 竜
[調査報告]個人化と協同性を生きる農民――ピラール・ド・スール果樹栽培農民の主体的選択にみる農業協同組合の位置
 
菅沼文乃
[書評]高橋絵里香『老いを歩む人びと――高齢者の日常からみた福祉国家フィンランドの民族誌』
 
斉藤俊介
[新刊紹介]津村文彦『東北タイにおける精霊と呪術師の人類学』
 
西尾善太
[新刊紹介]佐藤知久、比嘉夏子、梶丸岳(編)『世界の手触り――フィールド哲学入門』