首都大学東京社会人類学研究室
研究 教育 大学院入試 社会人類学年報
  • Japanese
  • English

2015年11月16日:Metropolitan State University of Denver人類学教室を訪問しました

2015年12月 4日

首都大学東京社会人類学教室とMetropolitan State University of Denver社会学人類学教室とは、2011年以来、教室間交流をしてきました。2年に1回、Metro State側から引率教員2名(Su Il Kim先生、Rebecca Forgash先生)と学生10名強が来学し、社会人類学分野の教員・学生と交流しています。また、これとは別に毎年、引率教員を社会人類学の学部ゼミおよび講義にお招きし、学生向けの特別講義をしていただいています。

2015年11月16日、社会人類学研究室の教員2名(伊藤、石田)と大学院生2名(グエン、荒木)の4名が、Metropolitan State University of Denver社会学人類学教室を訪問しました。午前中に学内関係者への挨拶の後、ランチョン形式で社会学人類学教室教員・学生の皆様と交流しました。午後は、Forgash先生の授業(Gender and Family in East Asia)の履修学生全員とのグループディスカッションに参加し、社会学人類学コロキアムにて首都大グループ4名全員が研究報告をおこないました。

2016年5月には、Metro Stateの教員・学生が首都大学東京社会人類学教室を訪問する、交流イベントを予定しています。

今回のコロラド州デンバー滞在中では、Metropolitan State University of Denver社会学人類学教室訪問のほか、アメリカ人類学会年次大会での研究報告をあわせておこないました。

 

写真 Metropolitan State University of Denver社会学人類学コロキアムでの研究報告

Denver.JPG